2016年11月14日月曜日

12月14日(水)午後に「自分の組織が強くなるボランティア受け入れ方」

ボランティアの受け入れで、いちばん気を使うのは、やっぱりよい体験を、いかにしてもらうか、なのではないでしょうか?
その思いを満たすことは、相手の満足だけでなく、結果的に自分の団体が強くなることに気づいた団体の皆さんも、きっと少なくないと思います。
今回の講座では、そうしたボランティア受け入れの効用を、意図して作るため方法論や実際のその仕掛けをどうつくるか、誰と相談し合うのか、といったことを題材に講座が進みます。参加無料ですので、ぜひご参加ください!

「組織を強くするためのボランティア受入れノウハウ」

市民活動発の仕事づくりの強みは、ボランティアをする方々との距離が近いこと。ボランティアを受け入れることで、取組みの社会性・透明性が高まり、組織の体力強化につながるボランティア受入れノウハウを学びます。

日時  12月14日(水)
    午後2時〜午後5時
場所  小山市まちなか交流センター研修室
参加費 無料


○講師
福原忠彦さん (社福)葛飾福祉館 こひつじデイサービスわが家 副施設長
葛飾のNPO・福祉のネットワークをつなぎ、演劇的な手法を使って、独自の地域包括ケアシステムをつくることを目指しています。企業組合演劇デザインギルドにも所属。前職は葛飾区市民活動支援センター。

社会福祉法人葛飾福祉館 こひつじデイサービスわが家
利用者の方も働く人達も、みんなが輝くデイサービス事業所を目指しています。

○事例報告
依知川守さん NPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会 理事長
理事長を務めるJFSAは、日本国内とパキスタンで古着や毛布などのリサイクル(リユース)事業を行い、 パキスタンのカラチ市内のスラム地域にある無料の学校「アル・カイールアカデミー」の自立運営を支援しているNGOです。

NPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会
http://www.jfsa.jpn.org/
衣料リサイクルを通じ、パキスタンの学校の継続的な支援を行っています。



● 対象 市民活動や社会的起業に対し関心をお持ちの方
● 参加費 無料

● 会場 小山市まちなか交流センター「おやま~る」
      小山市城山町3-7-5 城山・サクラ・コモン2F
● 問合せ、0285-20-5562 (FAX 028-333-1318)
● 申込み 特設サイトからお申し込みください。
● 主催 栃木県
● 受託者 小山市市民活動センター(指定管理者 NPO法人ワーカーズコープ)
● その他 受講の成果を確実に持ち帰っていただいので、ぜひ、各団体2~3名1組でご参加ください!

★第3回予告

社会的課題の解決を“ 仕事づくり” を通じて目指す「社会的起業」。
そのスタート期の様々な選択は、継続性に大きな影響を与えます。
当講座ではNPOマネジメント強化について、持続する仕事の始めかたから、開始後の持続する組織づくりまでを一貫してとらえ、ビジョンを現実的取組の中で補強していくノウハウを学びます。

第3回 2017年1月20日(金)
「信頼と共感を得るための総会運営のコツ」

団体のアピール力の強化は、団体のマネジメント強化にも結びつく重要な作業です。各団体とも必ず開催する年次総会を「儀式」にせずに盛り上げて、支援者の増大やアイディア拡大など「人の集まる効果」を導く、楽しい年次総会の運営方法を探ります。

○講師
堀達哉 小山市市民活動センター センター長
冷徹な市場経済を上手に生かして、温かな社会を育みたい。 岐阜の路面電車、子どもの「遊び」、大学生の地域参加、千葉市など各地の市民活動支援に関わって来ました。いまは栃木県の小山市市民活動センターを預かっています。

NPO法人ワーカーズコープ
市民活動支援施設の運営を通じ、団体の新しい強さを見出そうとしています。

○事例紹介
岡直樹さん NPO法人情報ステーション 代表理事
まちづくりをテーマに、当初は地域情報のウェブサイトなどに取り組みました。人が集まれる場所の必要性を感じ「民間図書館」を、広く皆さんから戴いた寄贈本を元に、みんなで作り、みんなで育てていく事業を始めました。

NPO法人情報ステーション
https://faavo.jp/chiba/project/390
千葉をはじめ各地で「民間図書館」というコミュニティづくりをしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿