2018年9月1日土曜日

第3回 食のふるさと体験塾”そば”2018に参加して

第3回 食のふるさと体験塾”そば”2018に参加して

 一般社団法人こども未来塾様主催の「食のふるさと体験塾”そば”2018」に参加してきましたので活動の状況をご報告します。
 この活動は日本の伝統食材「そば」について、種まきから収穫、そば手打ち、試食までの体験を通じ、日本文化の原点を親子で学ぶ機会を提供します。
 7月22日の参加者説明会に続いて、今日(8月18日)は種まきを行いました。
 場所は小山市出井の重田圃場です。トラクターで耕耘してあるので準備万端です。
 広いですねェ。左写真の手前から奥のビニールハウスまで。50mはありそうです。






 まずは畝立てから。昔ながらの「畝引き」を使います。
 慣れないとまっすぐに引けません。「おーい曲がってるぞ~」
 60cm間隔で12本位引いたかな?





 いよいよ種まき(播種)です。先ほど畝を引いたところに「そば」の種を播いていきます。
 「2cm間隔で播けばいいよ」と言われても広かったり狭かったり。








 一粒づつ丁寧に











 次は土かけ(覆土)です。右足、左足交互に土をかけていきます。










 畝が長いから大変です。












 今回の参加者です。みんな達成感で充実した顔をしています。
 猛暑の中ご苦労様でした。








(文責)小山市市民活動センター 山崎