2019年2月20日水曜日

3月9日(土)午後に「子どもを中心に置いたコミュニティビジネスの始め方」講座

「子どもを中心に置いたコミュニティビジネスの始め方」講座を、来たる3月9日(土)午後に、「コドモ・ワカモノ・まちing」の星野諭(ほしの・さとる)さんを講師と進行に招いて開催します。

当日は、自分が暮らす地域に、子どもを中心に置いたコミュニティビジネスが必要だと感じた時に、その地域にどのような資源があり、自分自身がどのように地域資源となり、また、どのような人たちと一緒に作っていくべきか、といった内容の対話を重ねていくなど、「思い」を「かたち」にしていくビジネスづくり(=仕事おこし)の基本に沿った形で、話し合いと気づきの場づくりをしてくださいます。

開催時間は、午後2時からの3時間です。

楽しいアイスブレイクから始まる、ワークショップ形式での学びのひと時に、ぜひお越しください。


講座「子どもを中心に置いたコミュニティビジネスの始め方」
日時  3月9日(土)
    14時〜17時
場所  小山市まちなか交流センター「おやま〜る」
    小山市城山町3−7−5
講師  星野諭さん(ほしの・さとる、コドモ・ワカモノ・まちing)
内容は、子どもを中心にした地域資源をベースにしたコミュニティビジネスづくりのワークショップです。子どもの居場所、親子コミュニケーション、3世代交流、地域交流をテーマに、まずは個人ベースで、講座参加者ご当人に関わる「資源」だけでビジネスをうみ、さらに、その後、回りの人とのビジネスマッチング、と言う流れで、互いを尊重し、対等に仕事を作って経営して行くビジネスモデルを検討しましょう。

また、「お子さん連れでの参加」ができるように、と会場の端に子どもコーナーをつくります。星野さんが、いくつか玩具を持ってきてくださいます。

★  ★  ★

また、同日は朝から、当館の避難訓練に合わせて、避難訓練に付随する当館オリジナルの啓発イベント「防災えんにち」のプログラムの監修と講評、ミニ講演などを当館向かいの公園にて、午後1時まで展開してくださいます。
こちらも楽しく開催しますが、地元の企業さんの炊き出し実演もあり、そちらもぜひ召し上がっていただきたいです。
どうぞ、お越しください。


◆◆◆ 星野諭さん ◆◆◆
日本における「プレイバス」活動の第一人者で、ワゴン車の中に遊び道具や遊び場づくりの資材をぎゅうぎゅう詰めにして全国各地を巡って居ます。またそのワゴン車で、早くから東北の被災地支援を行い、当地への遊び場調達の活動を続けてきました。
かつては東京・谷中の人々に愛され、現在は、神奈川県相模原市の山梨県にほど近い山奥にキャンプをしながら五感を研ぎ澄ますことができる学びの場「遊びと暮らしの学校」

0 件のコメント:

コメントを投稿