2019年3月20日水曜日

図書まちづくり交流会・第二弾

3月31日(日)の11時30分から、昨年に続いて2回目となる「図書まちづくり・
交流会」を行います。

前回は、千葉の民間図書館の推進活動をしているNPO「情報ステーション」の活動と、三重県四日市市の店頭にお店のテーマに絡んだ書籍を置く「まちじゅうこども図書館」の活動を手がかりに、まちのいたるところが知の拠点となったり、本屋さんの本のように、お店の多様さが「まちのコンテンツ」として開かれたり、といった様々な可能性や参加者の思いを「発見」しました。

今年も立堀タタミ店の立堀さんと一緒に、祇園城通りを中心に、小山駅西口から観晃橋に至るエリアの楽しみを探るまち歩きをします。

今回の目的のひとつに、このエリアの賑わいや楽しさをマップに落とし込む、この先のプロジェクトのための基礎となる情報集めがあります。
お店の人たちの思いを、かっこよく言えば「見える化」したい、そんな願いを込めてまち歩きをします。

昼食(たぶん思季彩館)を挟んで午後にまとめの話し合いを行って、14時に終了します。参加費は無料です。

集合は11時30分に「おやま〜る」です。ぜひお越しください。

0 件のコメント:

コメントを投稿