2019年4月30日火曜日

4月27日・ブランドまつりでの高校生、大学生たちの活躍

おかげさまで、第17回ブランドまつりについて、無事に終えることが出来ました。
当初、今年度の関わり方が小さくなってしまい、恒例の「ボランティア交流まつり」の開催を見送りましたが、新生・ブランドまつりの実行委員会や実務会合を重ねていくに従いボランティアの方々の役割が大きくなって行き、当日は、じつに50名以上のボランティアの方々に支えてもらうこととなりました。
まさしくボランティアの交流となった今回は、ボランティアの方々が二つのグループに分かれました。

1つは、よさこいソーランを中心に、みんなで楽しく踊ることを目的に集まってくださった、主にシニア女性の方々の元気グループのみなさん。
踊りの披露の合間には、ボランティアでブランドまつりのチラシの配布や来館者さん達をまつり会場に誘導したりすることで、にぎわいづくりに貢献して頂きました。

もう1つは、若者のボランティア。高校生が11人、大学生が19人と総勢30人もの若者ボランティアが、まつりの成功を願って様ざまな役を駆って出てくださいました。ことに「座の盛り上げ」については、チームでの活動の力がもっとも発揮されるわけですが、ご多分に漏れず、たいへん賑やかな形となりました。

進行面では、いつも通り、おやまブランド公認キャラクターとして小山市を代表する全7人のゆるきゃらの全員集合から始まり、実行委員長(大久保寿夫市長)の挨拶、各来賓や実行委員の挨拶があり、その後、だいすキッズのダンスが披露されました。

その後は、五家英子とみんなで楽しく踊ろう会の皆さんによるよさこいソーランの披露や国分寺特別支援学校の生徒たちによる和太鼓演奏、そして今年度の目玉となる、74のおやまブランド認定品を一つ一つ、紹介していくことが出来ました。

紹介するに当たっては、多くのおやまブランド認定品の事業者の皆さんに追加情報を提供して頂き、それに基づいてできる限り魅力たっぷりと、司会ボランティアの方や当館スタッフによって、紹介していきました。また、当日出店のそうした事業者の方や、わざわざ当日のブランド認定品の紹介コーナーの為だけに時間を合わせて来場くださった認定品事業者の方々からも、手ずから、紹介して頂くなど、しました。

高校生ボランティアの皆さんは、場内の環境美化や誘導、チラシ等による案内などを進んで実行していました。大学生ボランティアの皆さんは、同じく高校生の方達と一緒になってのボランティアのほか、彼ら高校生ボランティアのために「まつりボランティアセンター」を運営し、高校生たちが、やりたいボランティアをやり隊だけやれるような環境をつくり、キープして行きました。

終わってみて、新生・おやまブランドまつりの核心は、やはり長い歴史のあるおやまブランドの、魅力再発見、に尽き、しかしながら、それを支える「一人1ボランティア」を推奨するボランティアの皆さんの力もまた、大切な小山のブランドであり、おやまブランドを支える力の1つなんだな、と改めて感じた次第です。

ボランティアの皆さん、場内出店の皆さん、来場の皆さん、そして外から応援を送ってくださったみなさん、それぞれ、おつかれ様でした、そしてありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿