2019年10月15日火曜日

小山市社協に、災害ボランティアセンターが設置されます。

この度の台風19号で被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。

テレビ小山、おーラジ等でご存知の方もおられるかと思いますが、河川の越水等による水災害の被害を受けまして、小山市でも「災害ボランティアセンター」が、小山市社会福祉協議会に開設されることとなり、本日10月15日(火)から稼働するべく準備してこられました。

小山市社会福祉協議会・災害ボランティアセンター
 設置場所 小山市役所神鳥谷庁舎(小山市神鳥谷931番地3)
 運営時間 午前9時~午後5時
 電話番号 0285-22-9501、9502
 相談内容 ボランティア派遣依頼

ボランティア派遣を希望される方、ボランティア活動従事を希望される方双方の情報集約をされています。
http://oyama-syakyo.or.jp/news/volunteer/saigaibora20191014/

また、心構え等も含め、基礎的な関連情報の紹介も、同ページ内でなされています。
http://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html
(レスキューストックヤード「災害ボラの予備知識」 )


「おやま〜る」としましては、本件にかかる直接の業務請負はありませんが、応援業務を含め動静をご案内し、また各団体の皆さんで被災された方々への直接、間接の支援について考え、実行してまいります。

また、これまでの小山市社会福祉協議会の、当該(災害ボラセン)のご担当者との話し合いの中で「いざ、となった時の一連の初動とボラ対応は市社協の役割、その後の長い目で見てゆく必要がある支援は、当館登録の市民団体が、専門性と地域性とを生かして」との提起をいただいています。

たいへん当を得た着想で、市社会福祉協議会の皆さんのご見識かと存じます。
今回も、この役割分担に基づき当館として実行できることを考え、皆さんへの情報提供を進めて参ります。

また、それらによらず、ご不安に感じることやその解消、あるいは誰かのために何かを始めたい等の相談がありましたら、ご連絡くださいませ。(担当:ホリ)

1 件のコメント:

  1. No woman gets an orgasm from shining the kitchen floor. Hey, i am looking for an online sex partner ;) Click on my boobs if you are interested (. )( .)

    返信削除