2016年5月31日火曜日

おいふぁ 第3回交流会 「のぞいてみよう世界の国」

5月29日(日)に、おいふぁ主催の、第3回交流会 「のぞいてみよう世界の国」がセンターで行われました。
 「世界最貧国 マラウイってどんなとこ?」 若木小 荒川先生
「アスジャって?」  アスジャ事務局 荻原さん
「カンボジアってどんなとこ?」 留学生 チャリヤー&チェター
「ブルネイってどんなとこ?」 留学生 マービン

国際交流会のプレゼンテーションは、その国で暮らす方や深く関わった方の生の声が聞けるので毎回とても勉強になります。
発表を聞いた後は交流会を行い、お茶とお菓子をつまみながら参加者の方々とゆったりとした雰囲気でお話ができました。
今回で第3回目ということですが、毎回さまざまな国の方々と新しい出会いがあり楽しいです!また、前回お会いした方とはより自然に話せるようになっているので、その楽しさも味わえます。

次回もまた今年度中に行われる予定ですので、是非お気楽にご参加ください。

2016年5月29日日曜日

協力募集)9月の「センターの避難訓練と防災ワークショップ」を一緒に企画してください!

当センターの避難訓練を、年に2度行ないます。このうち上期の訓練を、避難訓練にくわえて、水災害時の防災図上訓練のワークショップを一緒に行なおうと考えています。
(具体的には、ワークショップをしている間に、警報が鳴って避難訓練、となります)

当日は、消防署の方や当センターが契約する防災点検の企業さんにもお越しいただき、お話しを職員一同、伺う予定ですが、せっかくですので一般の方等と共有したい、と思って企画しました。
このなかで、市民活動団体の方から、関連する内容として、防犯や防災、あるいは災害救援や避難所設営に関する活動や支援の話題を頂戴出来れば、と思います。

いちど、会合を開いてお話しを進めたいと思い、6月中〜下旬に説明会を開催します。
詳細が決まりましたら、あらためてご案内します。
ご興味のある方がいらっしゃれば、ぜひお越しください。

「ボランティアお誘いキャラバンin白鴎大学」参加団体募集

「自分たちの活動を若い世代にも知ってもらいたい」「若い世代にもボランティアに参加してほしい」と思いをもった、ボランティア団体様はたくさんいらっしゃると思います。
そこで今回、白鴎大学内で、白鴎大学の学生を対象に、ボランティアキャラバンを行います!
学生と直接お話しながら、一緒にボランティア良さを伝えに行きませんか?


日時   7月中旬(平日)の夕方~を予定(約1時間程度)
参加団体 小山市市民活動センターに登録いただいている団体
団体数  10団体程度
※参加する団体をまとめた冊子はセンターで作ります。

締切   6月22日(水)まで
お申込  参加希望の方は、所定の用紙を提出いただきます
お問合  電話・ファックスでご連絡下さい。

参加してくださる団体様にまずは説明会を行います。
説明会: 6月中旬の夕方より(あらためて掲示し、お知らせします)
     小山市市民活動センター

センターで行なう公開講座の企画で「まちなか交流セミナーズ」に参加しませんか?

今年度も行いたいあなたの団体がセンターで実施する、市民向けの講座や相談を、センターが共催して応援します。
★ちなみに去年は「子育て講演会」「パソコン教室」を共催で行いまして、たいへん多くの方に参加いただきました。

「多様な特典」にご注目ください!
●センターが共催することで、当センターを申込先とすることが可能です。
●今年度内の会場を先行して確保できます。
●広報面で、メルマガや情報誌「ゆいま~る」にてセンターの催事として紹介いたします。

申込みについて
・送付しました「申込票」をご記入の上、6月30日(木)までにセンターへお送りください。
・7月4日(木)に公開審査会を予定しています。(時刻が決まりましたら、またご案内します)
・申し込んだ団体様以外にも、当該の企画が、当センターに相応しいかどうかを審査員としてジャッジしていただけますよう、ご自由におこしくだだい。


2016年5月26日木曜日

託児ボランティアを見学しました。

5月26日(木)に行われた託児ボランティアを見学させていただきました。

今回も子どもたちの笑顔に大変癒されました。
お忙しい中託児ボランティアにご参加いただいてありがとうございました。

2016年5月22日日曜日

利用者協議会、第1回を5月15日(日)に開催しました。

当日は、利用者協議会の設置の目的や、従来あった運営委員会との違いをお話しし、私たちワーカーズコープがお預かりするセンターの事務部分との役割分担や、利用者協議会の「会としてのあり方」を話し合いました。
またあわせて、中盤にはセンターとして昨年度の振り返り、今年度の運営の中で目指す事柄について、H27年度の報告書、H28年度の事業計画書のリーフレットを元に説明しました。

当日は5名の方の参加で、所属する会を単純に数えると9団体ということになりますが、結論から言いますと、うち3名の方が「委員」となっていただきました。
およそ10〜12名ぐらいの委員の方の参画を期していますので、あと5〜10名ほどの方を、引き続き募集していくことになりました。
また、そのみなさんで何をするか、や、決め事をどう作るか、のあり方の検討は次回も続け、また規約づくりを次回に行うこととしました。

ただ、今回も公式の開催ということで、規約づくりに向けてこの利用者協議会の登録団体の皆さんとの関係性については、要点3点を次のように定めました。
1)委員の人々の自由な行動ではなく、登録団体の全体を代表する。
2)委員の長1人が代表するのではなく、委員全体が意思決定をする。
3)分野から選出するのではないが、ゆるやかに分野を代表する。
https://picasaweb.google.com/oyama.mirai/6284838428513150865

このあたりを前提にした規約案を、次回第2回に私たちワーカーズコープの立場から原案を提出して、議論に供したいと思います。
次回は、7月15日(金)、午後7時から開催します。
さらなるご参加を、お待ちします。(第3様式「その他の団体」での登録の方もご参加いただけます)

2016年5月19日木曜日

情報誌「ゆいま~る 6月号」発送準備お手伝い

2か月に1回センターから発行されます情報誌「ゆいま~る 6月号」の発送準備をお手伝いしてくださるボランティアの方を募集します。もしお時間ありましたらよろしくお願いします。

具体的な内容としては
・製版
・封詰め
・数かぞえ など…

また、団体様からイベントなどお知らせの資料ございましたら(6月中旬~7月の内容記事に限り)、お持ちいただければ「ゆいま~る 6月号」に送付することも可能です。その際、一緒に封詰め作業をしていただくと、無料で送付いただけます。(封詰めしない場合は500円)
ぜひご自由にお持ちください。

日時: 6月1日(水) 10:30~(およそ1時間ほど)

2016年5月10日火曜日

当年度の「おやま〜る」運営の重点プログラム

■市民活動、市民事業関連
昨年度に比べて、講座事業を自主事業を含めて複数盛り込み、また外部資金獲得の力をつける為のワークショップを通年で開催するという方針で、市民活動団体の事業力の向上のお手伝いをしようとしています。
また併せて、あと4年の年限の中で自治会の事業部会、活動部会の方にも、当センターのそうした支援サービスを利活用いただける雰囲気づくりを進めたいと思います。

昨年度に比べて、新しく始めた動きは次の通りです。

1)「外部資金」の獲得に強い組織づくり、会務づくりへの働きかけ
「助成金ワークショップ」と「広報づくり・組織づくり講座」とを通じて、1つでも多くの市民団体やその他の団体が「外部資金」の獲得に強い組織となる様に、その方法をお伝えします。

2)自治会活動部会の会務やNPOの業務を事業化するための働きかけ
「助成金ワークショップ」と「起業講座」と「専門相談」とを通じて、市民活動と、それ以外にも町内会の地域の見守り等の動きに対して「事業のおこし方」をお伝えします。

3)小山市役所や他の行政機関が発する住民参加の情報の収集と提供
市民生活と市の政策との間をつなぐ為に行政が実施する住民参加の取組みについて、その情報を当センターで収集し、発信媒体等を通じて広めて行きたいと考えています。



利用者協議会(5月15日(日))

昨年度は、計6回の予備会合をもって当センターの利用者協議会のあり方について話し合ってきました。
今年度は、さらに便利なセンターにする為の、様々な提案と実行をしていただくための話し合いの場である「利用者協議会」を、2ヵ月に1度開催します。

市民活動の18の分類を6つに割った「分野」ごとに集まって、当センターご利用への提案や、催事の企画提案、さらには他の市町村の市民活動センターへの見学などを計画して、実施したりもしていただけます。
また、小山市が指定する市政の審議委員に参加いただける席を一部ご用意しています。

今年度も計6回(2か月に1回・15日)を予定しています。今回が第1回目なので、ぜひご参加ください。よろしくお願いします。

日時: 5月15日(日) 14:00~15:30
場所: 小山市市民活動センター 研修室1

2016年5月7日土曜日

情報誌「ゆいま~る」6月号の掲載記事募集(締切5月18日)

皆さんからの活動紹介や催事告知の記事を募集します。

1回の掲載の分量は200〜300字(30字詰めで8行前後)となります。現在、6月号(6月1日刊行予定)の記事を募集しています。

掲載希望の方は5月15日までに記事をお寄せください。いただいた記事を参考に、紙面に採用させていただきます。
(催事案内の場合は6月中旬から7月にかけての告知となる様にご注意下さい)

紙面の面積の制約上、全てが掲載されるとは限りませんが、いただいた情報はメールマガジンや当センターのニュースブログ(ホームページ)等で必ず紹介いたします。
また、掲載の前には各団体のみなさんに必ず確認の連絡をいたします。

よろしくお願いします。