2016年11月28日月曜日

第7回おしゃべり処おやま~る「大人の学校フォルケホイスコーレ」

第7回おしゃべり処おやま~るの開催のお知らせです。


テーマ「大人の学校フォルケホイスコーレ」
誰でも気軽に入れるデンマークの大人の学校。聞いたら絶対に行きたくなる。

話し手:稲葉祐一朗(小山フリースクールおるたの家代表・当センター職員)
日時:12月8日(木) 14:00~
場所:小山市市民活動センター

予約は不要ですので、お気軽にお立ち寄りください。


おしゃべり処おやま~るでは毎月8日に1人の話し手をお迎えし、お茶やお菓子を楽しみながらゆったりと談話する場を設けております。
話し手役を担ってくれる方、随時募集しております。

2016年11月26日土曜日

まちなか交流シネマズの第3期をつくる、上映委員会・第1回会合

当センター主催の上映会「まちなか交流シネマズ」の準備がはじまります。ドキュメンタリー映画の上映と団体交流を目的としたセンターの自主事業です。今年3月に行われた第1回の上映会に続き、今回も上映委員会を立ち上げます。上映作品の決定から、上映会の準備、周知の作業を一緒に進めていく委員会のメンバーを募集します。専門的な知識は不要です。お気軽にご参加ください!

日時:12月20日(火)18時~20時
場所:小山市市民活動センター 研修室1

※申込みは不要ですので、当日お気軽にお越しください
「まちなか交流シネマズ」上映委員会を立ち上げます!12月20日(火)委員会参加者募集!

2016年11月22日火曜日

情報紙「ゆいま~る 12月号」発送準備手伝い

2か月に1回センターから発行されます情報誌「ゆいま~る 12月号」の発送準備をお手伝いしてくださるボランティアの方を募集します。もしお時間ありましたらよろしくお願いします。

具体的な内容としては
・製版
・封詰め
・数かぞえ など…

また、団体様からイベントのチラシ(12月中旬~1月の内容記事に限り)などございましたら、お持ちいただくと「ゆいま~る 12月号」に送付することも可能です。その際、一緒に封詰め作業をしていただくと、無料で送付いただけます。(封詰めしない場合は500円)
ぜひご自由にお持ちください。

日時: 11月30日(水) 10:30~(約1時間)

2016年11月21日月曜日

「おいふぁ 第五回交流会」見学!

11月20日(日)に行なわれた「おいふぁ 第五回交流会」に参加させていただきました。
 アンディ―さん(英語塾クッキーズ経営)
 ヨルンさん(NPG勤務)
ナヤさん(留学生)

今回は第5回目ということで、イギリス・ドイツ・デンマークのお話をお聞きしました。英語の上達法や、自分の国でのリアルな生活のお話が聞けました。また、発表の後の交流会では各テーブルに発表者の方を囲む形で発表の場で聞けなかったお話まで聞けて、会話が盛り上がっていました。
私自身も参加者として楽しませていただきました。

ありがとうございました。

2016年11月20日日曜日

報告)第4回・小山市まちなか交流センター利用者協議会の様子(15日に開催しました)

第4回となる平成28年度の利用者協議会。これまでに委員になってくださった方に加え、今回は4名のオブザーバーの方にも話の環に入っていただきました。

そのなかでは、次年度の事業のあり方や、いまスグ改善して欲しい事柄、等をお聞きし、
今年度に実現してほしいこと、施設利用の上でいま改善してほしいこと、についてもお話いただきました。

そうしましたところ、研修室の壁への資料や表示を掲示するための何か(「ひっつき虫」やテープではなく、什器や仮設壁面など)を出来れば用意してほしい、といった私たちが気づかなかった事柄などが示され、運営サイドのスタッフ一同、大きな気づきを頂けたと感じる、とても印象深い回になりました。

報告)おやま〜る・まちなか交流まつりの振り返り会の様子(15日に開催しました)

10月15、16日の2日間にわたって開催した「おやま〜る・まちなか交流まつり」について、11月15日の夕方5時から、その振りかえりの会を行いました。

概ね「楽しかった」「雰囲気が良かった」といった好意的なご評価の影に隠れた課題を明らかにし、次年度にこそ「実行委員会形式」で始められるよう、問題を洗い出そうとしました。

振り返りの会に先立ち、出展団体の皆さんにアンケートをお願いし、当日の話題に供しました。

2016年11月19日土曜日

「小山児童合唱団」見学!

11月19日(土)に「サンリビングたいよう」で行われた「小山児童合唱団」様の訪問ボランティアへ見学にお伺いしました。
 利用者様と一緒に振付を踊りながら歌っている様子
クリスマス使用に変わりクリスマスの歌を披露

今回は年に一度の施設訪問の様子を見学させていただきました。1年生~3年生までの生徒が先生のピアノと指揮に合わせて一生懸命童謡を歌っている様子がとてもかわいらしかったです。歌うだけでなく、利用者様と振付を一緒に踊ったり、「幸せなら手をたたこう」を握手を交えながら歌ったりと、利用者様だけでなく、見ているこっちまで癒されました。
見学に伺わせて下さった団体様、施設様、ありがとうございました。

2016年11月14日月曜日

12月14日(水)午後に「自分の組織が強くなるボランティア受け入れ方」

ボランティアの受け入れで、いちばん気を使うのは、やっぱりよい体験を、いかにしてもらうか、なのではないでしょうか?
その思いを満たすことは、相手の満足だけでなく、結果的に自分の団体が強くなることに気づいた団体の皆さんも、きっと少なくないと思います。
今回の講座では、そうしたボランティア受け入れの効用を、意図して作るため方法論や実際のその仕掛けをどうつくるか、誰と相談し合うのか、といったことを題材に講座が進みます。参加無料ですので、ぜひご参加ください!

「組織を強くするためのボランティア受入れノウハウ」

市民活動発の仕事づくりの強みは、ボランティアをする方々との距離が近いこと。ボランティアを受け入れることで、取組みの社会性・透明性が高まり、組織の体力強化につながるボランティア受入れノウハウを学びます。

日時  12月14日(水)
    午後2時〜午後5時
場所  小山市まちなか交流センター研修室
参加費 無料


○講師
福原忠彦さん (社福)葛飾福祉館 こひつじデイサービスわが家 副施設長
葛飾のNPO・福祉のネットワークをつなぎ、演劇的な手法を使って、独自の地域包括ケアシステムをつくることを目指しています。企業組合演劇デザインギルドにも所属。前職は葛飾区市民活動支援センター。

社会福祉法人葛飾福祉館 こひつじデイサービスわが家
利用者の方も働く人達も、みんなが輝くデイサービス事業所を目指しています。

○事例報告
依知川守さん NPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会 理事長
理事長を務めるJFSAは、日本国内とパキスタンで古着や毛布などのリサイクル(リユース)事業を行い、 パキスタンのカラチ市内のスラム地域にある無料の学校「アル・カイールアカデミー」の自立運営を支援しているNGOです。

NPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会
http://www.jfsa.jpn.org/
衣料リサイクルを通じ、パキスタンの学校の継続的な支援を行っています。



● 対象 市民活動や社会的起業に対し関心をお持ちの方
● 参加費 無料

● 会場 小山市まちなか交流センター「おやま~る」
      小山市城山町3-7-5 城山・サクラ・コモン2F
● 問合せ、0285-20-5562 (FAX 028-333-1318)
● 申込み 特設サイトからお申し込みください。
● 主催 栃木県
● 受託者 小山市市民活動センター(指定管理者 NPO法人ワーカーズコープ)
● その他 受講の成果を確実に持ち帰っていただいので、ぜひ、各団体2~3名1組でご参加ください!

★第3回予告

2016年11月4日金曜日

明日5日の朝10時から、アドビ・イラストレーターの基礎に関する確認講習

明日5日(土)の朝10時から、おやま〜るにてアドビ・イラストレーターの基礎に関する確認講習が行われます。
なにかとワードと比較して使いにくいと言われるアドビ・イラストレーターですが、根本のつくり方が違うことから、そうした違いを踏まえて、上手に使い分ける事が出来るよう、基礎に関する確認と、始め方のヒントとなるようなお話とを交えた、おしゃべり主体の確認講習です。

基本的には、私(ホリ)が操作する画面を、みなさんで見守っていただく形になりますが、各テーブルにパソコン1台を置いて、復習をしていただけるような進行にいたします。

元々は、当館ご利用の、お一人のお母さんのリカレント学習のために企画いたしましたものを、みなさん一般にも開放するものです。(同じようなニーズがあれば、出張レクも行ないますので、ご用命ください)

団体の広報担当の方や代表の方、もちろん各団体の一般の会員の方や、団体に属さない方など、どなたでも参加いただけます。

宜しければ、お越しください。

日時 11月5日(土)
   あさ10時〜
場所 小山市まちなか交流センター・多目的会議室
内容
およそ下記のように、6単元、29目当て、にて考えています。
1)チラシ作成の準備
2)イラストレーターの構造を知る
3)基本の基本
4)ちょっと上達
5)使いこなし
6)電子入稿をする

おやま〜る・まちなか交流まつりの反省会は、15日(火)の夕方5時から

まつりの「ふりかえりの会(反省会)」を、11月15日(火)の、午後5時から行います。
内容は、事務的な実績報告に加えて、各部の結果の好悪と、次年度の実行委員会形式に向けたお願いとスケジュールの見通しについて、です。

今年は、西口まつりが催され無い中での開催でしたが、皆様のご協力により、おかげさまで集計上、2日間で700人を超える参加者が得られたようで、当センター一同、ホッと胸を撫で下ろしております。

次の実行委員会に向けて、まちなか交流という当館の2つの柱のうちの1つを、まつりを通じてどのように広げて行くのか、市民活動推進という、当館のもう一つの柱を、同じく、まつりを通じてどのように広げて行くのか、といった視点を、どのように埋込むかについての方向性について、共有出来る場になれば、と思います。

当日のこの直後、午後6時からは、利用者協議会の第4回が開催されます。こちらも次年度の当センターの事業計画に関する話し合いとなりますので、こちらも、是非ともご参加ください。

またさらに、当日のその後、午後7時30分からも、同じ場所にて、来年からの新しい西口のまつりを考える場として、まつりでもたいへんお世話になった「ねっこの会」の清水さん、「OWGP」の篠田さんのお2人による、話し合いの第1回目が予定されています。
ご参加自由ですので、ご関心のある方は、ぜひご参加いただき、おヒトコトを頂戴したいと思います。

紙折り機の不調について(11月1日現在)

当センターをお預かりした昨年度(平成27年度)以来、印刷室に「紙折り機」と「丁合い機」とを導入しておりまして、一部の団体様には便利に使っていただけている事と存じます。

今後も、より多くの団体の方々にご利用いただきたいと考えております。

そんななか、大変申しわけないのですが、肝心の紙折り機において、スタートボタンが不調で、何度か強く押さなければ、意思伝達が出来ません、、

修理を見積もったところ、なかなか高額の返答があった事から、現時点で修理に向けた予算確保を進めているところです。

ご利用希望の方には、たいへん申し訳ありませんが不調状態の紙折り機とのお付き合いを、いま少しの間、よろしくお願いいたします。
修理の見通しが立ったり、修理が完了したおりには、また当センターの職員日記ブログにて、ご案内いたします。

2016年11月2日水曜日

情報誌「ゆいま~る」12月号の掲載記事募集(締切11月15日(火))

皆さんからの活動紹介や催事告知の記事を募集します。

1回の掲載の分量は200〜300字(30字詰めで8行前後)となります。現在、12月号(12月1日刊行予定)の記事を募集しています。

掲載希望の方は11月15日(火)までに記事をお寄せください。いただいた記事を参考に、紙面に採用させていただきます。
(催事案内の場合は12月中旬から1月にかけての告知となる様にご注意下さい)

紙面の面積の制約上、全てが掲載されるとは限りませんが、いただいた情報はメールマガジンや当センターのニュースブログ(ホームページ)等で必ず紹介いたします。
また、掲載の前には各団体のみなさんに必ず確認の連絡をいたします。

よろしくお願いします。

「ゆいま~る」12月号に同封する一般チラシ類募集(11月15日(火)締切)

情報誌「ゆいま〜る」では、登録団体の皆さんからのチラシ類やニュース、活動紹介、催事告知の配布物を同封して送付する有償サービス(※)を実施しています。
登録団体であれば、第3登録の団体の皆さんも対象ですので、ぜひご利用ください。

ただし翌15日夜開催の当センターの利用者協議会において、当センターからの送付物に相応しいかどうか、を判定していただきます。
このため、14日までにチラシ現物各1部を窓口に、またはデータをセンターのメール宛てにお送り下さい。

15日夜の利用者協議会での判定を経て、16日以降、判定結果をお知らせいたしますので、その後、必要部数をご用意ください。

※=発送同封に必要な費用や条件は、つぎのとおりです。
イ)同封物1種類あたり500円です。
ロ)発送先は180先(平成28年10月現在)で、年に2回、当センター登録のボランティア志願者の方に宛てて送る際は220先となります。
ハ)サイズはA4判の封筒に入る大きさであれば自由です。大きな判形の物はあらかじめA4サイズ以内に折畳んでください。(厚みが1ミリを超える場合、お断わりすることがあります)
ニ)8月1日に実施予定の封詰め作業時に、お手伝いいただける場合、無料で同封いただけます。