2017年11月6日月曜日

現在、印刷室の「折り機」が使えません。

日ごろ、当館の印刷室をご利用いただき、ありがとうございます。

現在、「折り機」の調子が極めて悪く、修理依頼を準備中です。
(印刷機と丁合い機はいつも通り使えます)

しばらく使えませんが、修理の日程や利用可能な時期が判明しましたら、当ページにて報告します。

申し訳ありません。

2017年10月30日月曜日

講座「ボランティアさんの受け入れ方と活用方法」を11月13日(月)に開催します

表記「ボランティアさんの受け入れ方と活用方法」を11月13日(月)に開催します

ボランティアさんの力で365日24時間云為しているドナルド・マクドナルド・ハウス 栃木さんのボランティアさんの募集方法から受け入れ、活用方法などをお話しいただきます。
高校生からご年配の方まで幅広いマンパワーに支えられているその仕組みを聞くことができます。

日時  11月13日(月)、
    夜6時30分〜8時30分(2時間)
場所  小山市まちなか交流センター研修室
参加費と定員 無料、30名
主催  小山市市民活動センター

2017年10月9日月曜日

10月31日の夜に、NPO法人や市民活動の起業講座

自分ひとりが、他人様(ひとさま)に「便利」を提供する、いわば個人事業のスタイルから、信頼出来る仲間と集まって、その始め方だけでなく、どんなふうに長く続けるか、を予め話し合う、いわゆる市民活動や社会的起業のスタイルまで、アプローチや規模、続け方、始め方は様々です。

この講座では、NPO法人の立ち上げや市民活動の始め方など経験豊富な講師が実践事例を中心にお話します。
これから市民活動やボランティア活動を始めようと考えている方におススメです。

日時  10月31日(火)
    午後6時半〜8時
場所  小山市まちなか交流センター研修室
講師  北川裕士さん(ワーカーズコープ)
内容  NPO法人の立上げや市民活動の始め方について、特に話し合いから仲間を集めて始める方法についてお話しいただきます。
参加費 無料
申込み 不要

身近な困りごとを解決する「仕事」をしたい、と思う方が、近年増えて来ています。
活動を始めたい方に共通しているのは、自分の手持ちの時間と資金とを、いかに他人様(ひとさま)のために有効に使うか、という点でしょうか。地域で困っている人たちや自分の身近な困りごとを、信頼出来る仲間と話し合ってつくる「仕事」として解決しよう、というスタイルが、近年、少しづつ増えて来ています。

2017年9月30日土曜日

21日に、御殿広場のオレンジハロウィン主会場に出展の団体は、お知らせください!


まつり当日は、エリア内の各所で4つのおまつりが同時開催されます。当日の御殿広場会場には、オレンジリボンの啓発活動などでこれまでこども課の方々とご縁があった皆さんが出展されることがわかっています。当館の案内では、当館の登録団体の方々の活動を応援する立場から、そのご出展についても私たちの方でおしらせしていきたいと思います。

つきましては、他の会場での出展団体さまは、ぜひこの折におしらせください。

2017年9月25日月曜日

まつりのボランティアの説明会、16日、18日に

いよいよ来月に迫りました、おやま〜る・まちなか交流まつり2017、ですが、この会場では「まつり・ボランティアセンター」を開設し、当日のさまざまなボランティアを楽しみながら、また自分のやってみたいボランティアを選んでもらえるよう、工夫をしたブース「まつり・ボランティアセンター」を開設します。

10月16、18日(月、水)の午前11時から、40分ほどのプログラムです。

災害ボランティアセンターの運営ノウハウを、ほんのチョビッと、まつり運営に生かしてみよう、という試みですが、それに先立ち、そんなボランティア参加に対して説明会を開きます。


日時  10月16日(月)
       18日(水)
    午前11時〜11時40分(予定)
場所  小山市まちなか交流センター「おやま〜る」
内容  10月21、22日に行う「まつり」のボランティアの概要と、その参加のしかたの説明です。
申込み 不要

9月30日夜に「おやま〜る・まちなか交流まつり」の第4回実行委員会

おやま〜る・まちなか交流まつりの第4回実行委員会が、9月30日に開催されます。

出展団体も多くが見えて来たなか、全体の会場計画とステージ等の進行について決定します。

全体に「食」に関するブースが花盛りな雰囲気ですが、まだまだ展示系などの出店希望をお待ちしています。

日時  9月30日(日)
    よる7時〜
場所  小山市まちなか交流センター研修室
内容  会場計画の決定
    ステージ進行の素案提示
    各企画の説明と参加募集

2017年8月31日木曜日

あす集約の「まつり」ご出展(ご出店)申込みと、その関連情報につきまして

あす9月1日(金)の夜7時から、第3回目の実行委員会が行われます。

今回は(前回までにお伝えしました通り)実行委員会形式で、部会を立てて進めて行きますが、それとは別に、「まつり」をよりいっそう、市民の方々にとって身近に感じていただけるよう、様々な仕掛けを講じようとしています。

1つは 、ハロウィン・パレードへの参加
2つ目は、ハロウィンの取り組みとして、お菓子の返礼(※)
3つ目は、音楽と福祉の食で存在感をアピール
4つ目は、御殿広場までの界隈での「おやまくま」くんによる開催アピール
5つ目は、冊子による団体活動のアピール
6つ目は、ホームページによる活動団体のアピール

※=みなさんの会活動の紹介紙(B5サイズ)とお菓子とを、当館側でも用意します。


少しでも楽しいまつりにして行けるよう、職員一同、みなさんとともに当日に向けて準備を進めて行こうと思います。

ぜひ、そのエンジン役として、まつりにエントリーいただき、5つの部会活動を始め、実行委員会にご参加下さい。

繰り返しますが、明日の第3回実行委員会は、夜7時からです。
お待ちしています。

9月2日(土)午前に当館の避難訓練と「防災えんにち」を行います(おやま~る)

避難訓練は、実際に来館されている皆さんと一緒に、向かいの公園に避難します。その後の「防災えんにち」では、東京・谷中で長らく活動されてきた子どもを遊ばせる達人、「コドモ・ワカモノまちing」の皆さんによる日頃の皆さんの防災活動、安全活動を展示します。

日時  9月2日(土)
    朝10時に発報(受付開始は9時30分)
場所  小山市まちなか交流センター「おやま~る」入居の、
    複合マンション施設「城山・サクラ・コモン」とその周辺
内容
 9時30分 受付開始
10時    避難訓練
10時45分 「防災えんにち」開始
       星野さんの講話
11時    各種の催しスタート
12時    炊き出し体験(焼芋、芋煮の振る舞い)
13時    終了

当日は、小山ではおなじみの「昔あそびボランティアの会」の皆さんからも、各種のあそび体験を届けていただきます。また炊き出し体験では、芋煮とロケットストーブによる焼芋(ジャガ芋)が振る舞われます。もちろん無料です。

いまも、さらなる出展団体を募集していまして、たとえば地域でのちょっとした気配り活動などの事例も集まるかもしれません。日々の団体活動で、なにか少しでも防災や減災、地域の安全の啓発にかかわる行動や催事の実施例を集めようとしています。ぜひお越しください。


◆◆◆ ホリより ◆◆◆
昔あそびボランティアの会のみなさんからの出展、ほんとうに嬉しく存じます。じつは当日「竹馬」が出展されるそうで、そのことを聞いたとたん瓦礫を乗り越える竹馬!というプログラムが作れないか思案してましたが、転倒したら危ないと今回は見送りました。何らかの面白い再現が出来たらな、と思っています。

◆◆◆ コドモ・ワカモノまちing ◆◆◆
建築家でもある星野諭さんが、パートナーのえこさんと立ち上げた枠組みで、元々「移動式子ども基地」の名称で、日本初の本格的なプレイバス活動をされ、遊びの配達人として遊びとその大切さを広めてこられましたが、東京での東京消防庁やいろんな公的機関とのコラボなどを皮切りに、遊びと防災、避難を絡めた展開を進めています。
(また東北大震災への復興支援として石巻では、子ども達への遊び場の配達(プレイバスを用いての、まさに「配達」ですよね)などを含め長期支援をしてこられました)


小山市まちなか交流センター「おやま~る」、市民活動センターのHP
http://www.oyamachi.jp/

NPO法人「コドモ・ワカモノまちing」のHP
http://www.k-w-m.jp/

昔あそびボランティアの会のブログ
http://mukashiasobi.cocolog-nifty.com/blog/

2017年7月31日月曜日

9月10日、4市町合同の市民活動交流会、出展者募集

小山圏域の4市町合同の、市民団体交流会を行います。小山市、結城市、下野市、野木町の3市1町が一緒になって、市民活動の推進を、各市町の市民活動支援施設とともに今後、進めて行きます。

今回は、そのシンボル的な交流会。年に1度、各地を持ち回りで交流会を行うための動きづくりの第1回です。今後も見据えて、各市町のみなさんと仲良くなる目的で、ぜひご出展ください。

出店料は無料。

お問合せは、小山市市民活動センター(担当=ホリ)まで。

9月2日、「防災えんにち」への出展者を募集

神奈川県で子どもたちと防災キャンプや様々な遊びのプログラムを行っている、NPO法人・こどもワカモノまちing(まっちんぐ)のみなさんがプレイバスに乗ってやって来ます。プレイバスは遊びの配達便。ぎっしり詰めた遊びの道具、小道具で子ども達が楽しむ場をあっという間に作ります。

当日は、当館の避難訓練の日ですが、地域の人たちや子どもたちと一緒に、防災について考える場をつくります。

登録団体のみなさんで、日ごろの活動を出店いただけないでしょうか?いつもの遊びのプログラムでも良いし、なにか日ごろ、炊き出し体験や避難訓練をはじめ、なにか子どもたちと一緒に「いざ」に備える活動や啓発を行なう場づくりをしていたら、そのことをブース出展やパネル出展にしてください。

お問合せは、小山市市民活動センター(担当=ホリ)まで。

29日の御殿ライブ、出展して来ました!

29日の「御殿ライブ」に、公益スペースへの展示出展、して来ました!

一緒に出展してくださったのは「生井康誠とゆかいな仲間たち」、そして「芳姫の歴史を語る会」のみなさんでした。

「生井康誠とゆかいな仲間たち」は、生井さんを中心にしたメンバーが、信じられないぐらい良く飛ぶ紙飛行機を飛ばす遊びを披露してくださいました。
「芳姫の歴史を語る会」は、小山の歴史にのこる「芳姫」について語り、その意義と価値とを現代に生きる私たちと共有する目的で、出展されました。

3時すぎから大雨になり、みんなずぶ濡れのなか、大笑いしながらテントを畳み、展示を綴じて帰ってきました。

当日の様子は、コチラからご覧ください。

8月6日(日)の夜(夕方5時から)に、まつりの企画会議を行います。

8月6日(日)の夜(夕方5時から)に、まつりの企画会議を行います。ぜひご参加ください。
今年のまつりは、10月21日(土)が本祭で、新・西口まつりと同日開催です。翌日も、フォーラムとして開催しますので、展示などは2日間の連続展示が可能です。

そんな条件の下、どんな企画で、どんなまつりにするか、を話し合う会合を、まずは8月6日(日)の夕方5時から持ちます。先の1回目の会合で正副実行委員長が決まりましたが、まだ枠組み自体もなにも、決めた事柄はありません。

5つの部会を立てるための話し合いも行います。
「広報・渉外」
「企画・会場づくり」
「より良いボランティア」
「食・にぎわい」
「演奏と発表」
です。

企業の皆さんの出展も、心待ちにしています。
楽しいお祭りにしていただけるよう、どうぞご参加ください。
ぜひ是非、ご来場またはお問合せをください。

2017年6月30日金曜日

7月29日の御殿ライブに、NPOとして出展しませんか?

来たる7月29日は、花火のまえの日、ということで市役所下の駐車場を会場に、プレイベントが開かれる予定です。

ですが、その同じ時刻に、御殿広場でもライブイベントが行われます。

その名も「御殿ライブ」。

今年で15年ほどの歴史がありますが、今回はとくに、NPOとして出展いただいた場合、出展に伴う費用負担はありません。

他にも決め事等がありますので、詳細はセンターのホリまでお訊ね下さい。

2017年6月26日月曜日

募集)「シネマズ」のチラシを掲示または配布いただける方

7月22日に実施する「まちなか交流シネマズ」は、当館で行う映画上映を手掛かりにした交流会です。今回は、海外にルーツを持つ方々の小山での暮らしに関する話題を元に、2本の映画とお話し会を開きます。

チラシは、こんなかんじです。(うら面はコチラ

その上映会は今回、いま、小山で海外にルーツを持つ親御さんとともに日本に来た、または既に長く日本で暮らしている子どもたちに焦点を当てた作品選びと対話交流を企図しています。

より多くの当事者の方に、まずは情報を届けたい、とチラシ配布に協力いただける方を募集しています。

たとえば、
イ)パン屋さん
ロ)床屋さん、美容室
ハ)お医者さん、歯医者さん
ニ)タクシーやさん
ホ)学 校、園
へ)生協のお店
などなど、でしょうか。
(もちろん、他にもドコか受入れてくださるところがありましたら、ぜひ)

先様にお願いするお手間と、当地にお持ちいただくお手間とをボランタリーに頂戴することになりますが、お心当たりの有る方は、ぜひご検討ください。

詳しくは当館、稲葉またはホリまでお知らせください。

セミナーズ)第1回目の応募締切が近づいています。

まちなか交流セミナーズ2017の第2期の受付が始まっています。

この「セミナーズ」は、当センターの研修室などで行う公開型の催事(講演会や相談会)について、当センターが共催しながら、広報のお手伝い、部屋利用の先行確保、受付代行などを通じて、少しでも催事主催団体様の「成功」に近づくお手伝いをすることを目的とします。
平成27年度(2015年度)には、3つの応募があり、昨年度もパソコン教室などを催行しまして、おかげさまで、それぞれたいへん盛況に開催することが出来ました。

今年度、当期の第1回目の締切は6月30日で、午後5時から公開審査を行ないます。ステキな企画で、ぜひご応募ください。

応募用紙は、コチラから。(ワード形式です)

2017年6月20日火曜日

映画でぼくらのまちを観るの会 第1回「交わるぼくたち」開催!

まちなか交流シネマズが「(映画で)ぼくらのまちを観るの会」としてリニューアルします!



「ぼくらのまちを観るの会」ではドキュメンタリー映画の観賞を通じて、毎回違ったテーマで「ぼくらのまち」を考えます。映画を上映するだけでなく、交流会やトークセッションなど、さまざまなかたちで楽しい時間が過ごせる上映会を目指しています。

第1回となる今回は「交わるぼくたち」というタイトルで、さまざまなルーツを持つ人々が生活する私たちのまちでの多文化共生の在り方について考えるべく、2つの作品を上映します。



日時:7月22日(土)10:00~16:00
場所:小山市まちなか交流センター(当館)
上映作品
 「ハーフ」(10:00~11:30)
 「バベルの学校」(13:00~14:30)
料金:一般       1000円 
   国際交流ランチ付 1500円(要予約)
※学生無料(ランチ希望の場合500円)
予約・問合せ:0285-20-5562(小山市市民活動センター)

当日は交流会、トークセッションを予定しております。
詳しくはセンターにあるチラシをご覧ください。




2017年5月30日火曜日

「NPOの第2創業支援」の専門相談が始まります。

団体の皆さんと行う、ワークショップ型の相談です。

新しい事業づくりや、助成金や寄付を獲得しやすい団体づくりについて話し合う、当センターからの「お出かけ型」の団体運営改善に関する専門相談を開始します。
団体活動の運営体制を見つめ直す「ミッション・クリニック」です。

この体験団体を今後、常時募集します。「そろそろ次のステップに!」と考えている団体の方、「設立時に掲げた目標をクリアした」団体の方、当初の目標をドコかに置いて来てしまった」団体の方、といった皆さんは、ぜひご利用ください。

メンバーが団体の未来像を共有し、活動の楽しさを盛り上げ、互いに運営への細やかなケアをしあえる雰囲気づくりを、センター職員と一緒に考えます。


応募、相談の方法
今後、常時相談の申し込みを受け付けます。
お申込み、お問合せは、
小山市市民活動センター(20−5562、担当=ホリ)まで。
事前打合せの希望日をいくつか選んで、お申し込みください。
詳細や実際の実施日は、その際に決めていきます。
担当者が不在の際には、こちらから改めてご連絡します。

2017年5月20日土曜日

「おやま〜る・まちなか交流まつり」の準備が始まります。今年は10月21、22日(土、日)に開催!

5月15日(月)の利用者協議会で今年度の「まちなか交流まつり」について意見交換をしました。

今年度も「まちなか交流」をテーマに行うことと、新・西口まつり(仮称)による地域ぐるみの「まつり」が大々的に行われる10月21日(土)をメイン日に、その翌日を記念フォーラム日として、二日間に渡っての開催することについて説明し、団体の皆さんからも前向きな参加やまつりの推進に向けたご意見をいただきました。

ワーカーズコープによる指定管理方式での運営では初めての実行委員会形式での「まつり」づくりとなります。日取り案は次の通りで、6月15日の説明会で日取りと時間を確定します。

今後の日取り予定(原案)
 6月15日(木) まつり説明会
 7月15日(土) 第1回・実行委員会
 8月15日(火) 第2回・実行委員会
 9月 1日(金) 第3回・実行委員会
 9月15日(金) 第4回・実行委員会
 9月30日(土) 第5回・実行委員会
10月14日(土) 準備会合
10月20日(金) 準備日
10月21日(土) まちなか交流まつり
10月22日(日) まちなか交流まつり記念フォーラム
11月15日(水) 反省会

2017年5月11日木曜日

「ゆいま~る」6月号に同封する一般チラシ類募集(5月15日(月)締切)

情報誌「ゆいま〜る」では、登録団体の皆さんからのチラシ類やニュース、活動紹介、催事告知の配布物を同封して送付する有償サービス(※)を実施しています。
登録団体であれば、第3登録の団体の皆さんも対象ですので、ぜひご利用ください。

ただし翌15日夜開催の当センターの利用者協議会において、当センターからの送付物に相応しいかどうか、を判定していただきます。
このため、15日までにチラシ現物各1部を窓口に、またはデータをセンターのメール宛てにお送り下さい。

15日夜の利用者協議会での判定を経て、16日以降、判定結果をお知らせいたしますので、その後、必要部数をご用意ください。

※=発送同封に必要な費用や条件は、つぎのとおりです。
イ)同封物1種類あたり500円です。
ロ)発送先は215先(平成29年5月現在)で、年に2回、当センター登録のボランティア志願者の方に宛てて送る際は220先となります。
ハ)サイズはA4判の封筒に入る大きさであれば自由です。大きな判形の物はあらかじめA4サイズ以内に折畳んでください。(厚みが1ミリを超える場合、お断わりすることがあります)
ニ)5月31日(水)に実施予定の封詰め作業時に、お手伝いいただける場合、無料で同封いただけます。

情報誌「ゆいま~る」6月号の掲載記事募集(締切5月15日(月))

皆さんからの活動紹介や催事告知の記事を募集します。

1回の掲載の分量は200〜300字(30字詰めで8行前後)となります。現在、6月号(6月1日刊行予定)の記事を募集しています。

掲載希望の方は5月15日(月)までに記事をお寄せください。いただいた記事を参考に、紙面に採用させていただきます。
(催事案内の場合は6月中旬から7月にかけての告知となる様にご注意下さい)

紙面の面積の制約上、全てが掲載されるとは限りませんが、いただいた情報はメールマガジンや当センターのニュースブログ(ホームページ)等で必ず紹介いたします。
また、掲載の前には各団体のみなさんに必ず確認の連絡をいたします。

よろしくお願いします。

OYAMAのボランティア・スマイル・コンテストの品評結果

29日(土・祝)のおやまブランドまつりでの「OYAMAのボランティア交流会」の会場で、例年どおりボランティアを推進する交流会が、計13団体の皆さんにご参加願えました事、まずはたいへん嬉しく思っています。

その会場で品評しました、皆さんにご参加頂いたOYAMAのボランティア・スマイル・コンテストですが、下記のような結果になりました。

1等 アンユニさまの常総市での泥掻き出しのお写真
2等 昔あそびボランティアの会さまの西口まつりでの竹馬遊ばせのお写真
3等 みらい・ともに・つなぐ様の男性の方による読み聞かせのお写真
次点 ねっこの会さまのまちの駅「思季彩館」での味噌づくりのお写真

「ボランティア(写真)・スマイル・コンテスト」の名前にふさわしい、12枚の写真が集まりました

このコンテストは、ボランティアをしている最中(さなか)の写真をパチリと収めた物を競い会う、と云う仕立てで実施させていただきましたが、12枚を改めて集合的に拝見しますと、どれも甲乙付け難く、また12枚である事で、いっそうボランティアの多様性と言いますか、色んなボランティアがあるのだ、という事が伝わって来まして、なんとも優劣を付けるのがもったいない気持ちになりました。

しかしながら、限られた予算の中で、予定通りに皆さんからのスタンプを集めまして、上述の通り3等までと次点を含む4つの優秀作品が決まりました。

今回はまず、この4点について、充分な画素数が確保できていて、被写体として映られている方々の承諾も取れている、または一任されている内容でしたら、絵はがきにしてまいります。

楽しみにしていてくださいね。

ブランドまつりへの出展、ありがとうございました

「OYAMAのボランティア交流会」 in第15回おやまブランドまつり」、無事に閉幕しました。
大変楽しい一日にしてくださいまして、本当に、本当にありがとうございました。

当日撮影しました写真について、今後、一部を公開します。
是非、楽しみにしていてください。

じつはこの日、最後にアンユニさんのご提案で、全員参加の記念撮影を実行しました。
(一部の団体の皆さんは、時間等のご都合により御帰りになりました)
なかなか素晴らしい写真の出来で、見返してみて嬉しくなりました。

また、ボランティアの写真展へのご協力、誠にありがとうございました。
無事に1等から次点(4等)までの選出が終わりました。
画素数や肖像権に問題がなければ、このまま絵ハガキ作りのための作業に入りますが、そちらの皆様へは改めてご連絡いたします。

ともあれ、ほんとうにありがとうございました。
反省会は、5月15日(月)の夕方5時から、となっています。
どうぞ、よろしくご参加くださいませ。

2017年4月25日火曜日

託児ボランティア見学!

4月25日(火)に道の駅思川で行なわれた託児ボランティアへ見学に伺いました。
小さなお子さんが比較的多かったですが、あやしたり寝かしつけたり遊んだりしながら、3時間あっという間でした。
見学させていただいた農政課様、ボランティアのみなさんありがとうございました。

2017年4月18日火曜日

「ニコニコタンポポオカリナ倶楽部」見学!

4月18日(火)にゆめまちで行われた「ニコニコタンポポオカリナ倶楽部」様の活動を見学に伺いました。
 「オカリーナ工房 土音」の板垣さんと中原蘭さんが講師を務めます。
指導の様子

今回は生徒として参加している方からのお声掛けで、「オカリーナ工房 土音」の代表である板垣さんが講師を務める「ニコニコタンポポオカリナ倶楽部」の見学に伺いました。
1人1人の進み具合に合わせて練習の仕方もその時その時で変えながら、和気藹々とゆっくり丁寧に行われている印象でした。
見学させていただきありがとうございました。

2017年4月13日木曜日

16日(日)午後に、音響ボランティア入門講座


16日(日)午後に、イベントなどで活躍できる、音響ボランティア入門講座

春〜夏のイベントで、ボラ・デビューできます!

・スピーカー、アンプのセッティング
・ケーブル類の計画と配置のイロハ
・操作卓の使い方、活用法、上達のしかた
・ステージの計画、設置
・イベント進行のプランニング
などなど
やさしく教えていただけます。

OYAMAのボランティア入門シリーズ 初級編
イベントなどで活躍できる「音響ボランティア」入門講座
講師   篠田佳一さん
     サウンドスタジオK
     0285-27-7620
場所   小山市まちなか交流センター「おやま〜る」
日時   4月16日(日)
     午後1時30分〜(3時終了予定)
受講料  無料
場所   小山市まちなか交流センター「おやま〜る」
     多目的会議室
     小山市城山町3-7-5-2F
主催   小山市市民活動センター
     0285-20-5562

2017年4月11日火曜日

あす12日の夜、「まちなか交流シネマズ」第3期のための会合

あす12日の夜、「まちなか交流シネマズ」の第3期のための会合、第5回目があります。
前回までに、今回の上映シリーズの基本コンセプト「映画を観て、我がまち小山について考える」や、第1回目の上演コンセプト「海外にルーツを持つ住民から見た、日本の暮らしと我がまち」を決め、それらに基づいて3月に掛ける映画を絞るための、2本の映画の試写会を行いました。

今回の会合では、そうした考えを、まだ関わっていただけてない他の多くの登録団体の方々と、どのように共有し、また上映会当日(6月25日(日)を予定)に向けて、どのように集客や周知を進めていくか、といった実施に向けた話し合いを始めていきます。

前回までの会合で、上映委員会の新たな仲間も加わり、小山での暮らし、小山での海外の方々に対するケア、といった映画上映に寄せて話題とする、小山ならでは、まちなか交流ならではの事柄を、どう映画上映そのものと結びつけていくか、という企画面での詰めの話し合いも、いよいよこれから始まります。

そんな話し合いを深めていく、まちなか交流シネマズ・上映委員会の会合に、ぜひご参加ください。

2017年3月17日金曜日

慰問ボランティア団体様見学記(2017年3月3日)

今回見学させていただいた団体は
栃木県シルバー大学校南校慰問グループ「ザ・ボランティア」様です。
当団体様は2013年10月に設立され3~4回/月公演活動をされています。
今回の慰問先はコープ福祉介護センター小山様で、第135回の公演です。
当日は雛祭りで雛段飾りの前でにぎやかに開催されました。

司会の軽妙な語り口で始まりました。司会は代表の山本さん。
トップは民話2題。方言で親しみやすく、観客に語りかけるようにお話されていました。









続いてあでやかな衣装をまとったフラダンスを3曲。センターの職員さんも飛び入り参加しての盛り上がりです。







次はオカリナがリードしてコーラスを3曲です。懐かしく易しい選曲で観客のみなさんと大合唱になりました。マイクを向けられた観客の方も一緒になって歌われました。






4番目は寸劇「東京だよ!おっかさん」です。衣装から小道具まで手作りだそうで、良くできています。相当稽古されているんだろうなぁと感じさせられました。








最後がよさこい踊りを4曲。鳴子片手に力強い踊りを披露されました。
観客の皆さんもリズムに合わせて・・・。






どのプログラムも洗練されていて約1時間の公演でしたが、あっと言う間でした。
観客の皆さんも満足そうで、リピート率が高いのもうなずけます。
「ザ・ボランティア」の皆様お疲れ様でした。      (文責:山崎)

2017年3月10日金曜日

3月11日(土)に、おやま〜る避難訓練とマンション(or避難所)の仲良しづくりWS

3月11日(土)に、おやま〜る避難訓練と「マンション(or避難所)の、仲良しづくり」ワークショップを行います。

昨年、ロケットストーブづくりワークショップを行いました、「おやま〜る」の防災WSですが、今年は当館の避難訓練と、避難所の健全運営につながる「仲良しづくりワークショップ」を、やってみようと思います。

終わったら、 かまど運営を見学してお腹を満たす「芋煮」がありますので、召し上がってお帰りください。


参加費は無料で、避難訓練にもご参加いただけると嬉しいです。

日時  3月11日(土)
    朝9時〜12時、12時〜13時
場所  おやま〜る(小山市まちなか交流センター)
    および城山サクラコモン公園
内容(概要=詳細は多少異なります)
 9時 受付開始
 9時半 
10時 警報発令に始まる、全館合同の避難訓練
11時 防災士会所属の防災士による講評とミニ講演
    避難所運営にも通じるマンションの仲良しづくりWS
12時 向かいの公園にて、芋煮と焼き芋の試食(炊出し体験)
13時 解散

2017年3月9日木曜日

小山ブランドまつりは、4月29日(土・祝)の開催となりました。

再度のお詫びとご連絡です。

今年度のブランドまつり(に伴う、おやま~るの「ボランティア推進交流会」)は、4月29日開催、となりました。

5月3日に照準を合わせてご準備下さった団体様もあるやに思います。
本当に申し訳ありませんが、どうかご了解いただきまして、ぜひ、4月29日(土)に、道の駅思川の特設会場にお越しください。

事前の説明と調整の会議の日取りも、間もなく決まります。
ご参加頂きますようお願いします。

2017年3月7日火曜日

「フリースクール おるたの家(バルーンアート編)」見学!

3月7日(火)に「おるたの家」行われた「バルーンアート」を見学いたしました。
一緒に作りながらバルーンアートを楽しみました。

今回は、「フリースクール おるたの家」でバルーンアートの斎藤宏をお招きして、バルーンアートを披露してくださったり、生徒さんと一緒に作って楽しんだりとバリエーション豊かな作品を披露してくださいました。最後に作ってくださったキャラクターのヨッシーは技術とクオリティが高く感動しました。

情報誌「ゆいま~る」4月号の掲載記事募集(締切3月15日(水))

皆さんからの活動紹介や催事告知の記事を募集します。

1回の掲載の分量は200〜300字(30字詰めで8行前後)となります。現在、4月号(4月1日刊行予定)の記事を募集しています。

掲載希望の方は3月15日(水)までに記事をお寄せください。いただいた記事を参考に、紙面に採用させていただきます。
(催事案内の場合は4月中旬から5月にかけての告知となる様にご注意下さい)

紙面の面積の制約上、全てが掲載されるとは限りませんが、いただいた情報はメールマガジンや当センターのニュースブログ(ホームページ)等で必ず紹介いたします。
また、掲載の前には各団体のみなさんに必ず確認の連絡をいたします。

よろしくお願いします。

「ゆいま~る」4月号に同封する一般チラシ類募集(3月15日(水)締切)

情報誌「ゆいま〜る」では、登録団体の皆さんからのチラシ類やニュース、活動紹介、催事告知の配布物を同封して送付する有償サービス(※)を実施しています。
登録団体であれば、第3登録の団体の皆さんも対象ですので、ぜひご利用ください。

ただし翌15日夜開催の当センターの利用者協議会において、当センターからの送付物に相応しいかどうか、を判定していただきます。
このため、15日までにチラシ現物各1部を窓口に、またはデータをセンターのメール宛てにお送り下さい。

15日夜の利用者協議会での判定を経て、16日以降、判定結果をお知らせいたしますので、その後、必要部数をご用意ください。

※=発送同封に必要な費用や条件は、つぎのとおりです。
イ)同封物1種類あたり500円です。
ロ)発送先は204先(平成29年2月現在)で、年に2回、当センター登録のボランティア志願者の方に宛てて送る際は220先となります。
ハ)サイズはA4判の封筒に入る大きさであれば自由です。大きな判形の物はあらかじめA4サイズ以内に折畳んでください。(厚みが1ミリを超える場合、お断わりすることがあります)
ニ)3月31日に実施予定の封詰め作業時に、お手伝いいただける場合、無料で同封いただけます。

2017年3月1日水曜日

3月15日(水)に「おやま~る」として初めての意見交換会

3月15日(水)に「おやま~る」として初めての「意見交換大会」をひらきます。

登録団体のみなさんから、センターの使い方をもっと便利にしたい、小山の市民活動をもっと市民に知って欲しいなど、日ごろのお考えを表明いただく場として、そして各団体の皆さんの活動紹介の場を兼ねた会として開くものです。

 
平成28年度「おやま~る・意見交換大会」(第6回利用者協議会)
日時  3月15日(水)
    午後5時~午後7時50分
場所  おやま~る・研修室
費用  無料
参加資格 登録団体のみな様、
     ボランティア志願者様、
     ボランティア募集依頼者の皆様、
     多目的会議室のご利用者様


当日は2時間半という長丁場を3つ程度のコーナーに分けて、始終、楽しんでお過ごし頂きたいと考えています。
途中からのご参加でも、楽しく輪に入っていただけるよう工夫をいたします。
またさらに、ささやかながら「お楽しみ企画」も考えております。

是非とも足をお運びいただきたく、出来ますならお時間都合を合わせていただけたらと思います。
年度末のお忙しい時期に当たりますが、どうぞよろしくお願いします。
(詳細は、ゆいま~る2月号の紙面ならびに同封のチラシをご覧ください)

2017年2月17日金曜日

公募)ボランティアの最中の、ステキな写真を募集します!

ボランティアの最中(さなか)の、ステキな写真を募集します!

小山市でのボランティアの魅力をもっともっとつたえたい、と、小山市内での、ボランティアをなさっている最中の、ステキな写真を募集します!

募集概要
■テーマ「おやまのボランティア」
■題材 小山市内で行うボランティア活動の、最中の人物風景
人物に焦点を当てながら、周囲の関係など風景も写してください。
■提出物
1)2000×3000ピクセル以上の画素数のデジタル写真
2)四半切以上の大きさで印画紙に焼かれたアナログ写真
カラーかモノクロかは問いません。
■締切 4月28日
■品評 5月3日のブランドまつりの会場で掲示展覧し、来場者の皆さんに選んでいただいて優秀作品を決定します。
■参加費 無料
■参加点数 目安として撮影者一人当たり3点まで、ご帰属団体1団体あたり10点まで

応募作品は品評形式での展示を経まして、上位の3団体様(予定)には、顕彰の意味を込めまして、当該の写真を、ホンモノの印刷絵はがき(100枚)にして、団体の所在地や連絡先を入れた「活動紹介とボランティア募集」に使える、いわば商材としてプレゼントいたします。

日ごろ、「私の団体に来てくださるボランティアさんにやっていただくボランティアを、楽しいものにしたい」と日々考えておられる団体さんは、少なくないのではないか、と思います。
中にはきっと、小山市のボランティアを、もっともっと盛り上げたい!、という私たちセンターの立場と同じような目線で、日ごろからボランティアさんを迎えておられる方も、いらっしゃるのかも、とも思います。

そんな皆さんと一緒に、小山市のボランティアをいま以上に盛り上げて行ければ、と思います。
ぜひご参加ください。

2017年1月31日火曜日

3月6日or8日から始まる、傾聴ボランティア入門講習会2017

今年度も市内で活躍中の傾聴ボランティア団体とともに講習会を開催します。

「傾聴」という言葉は聞いたことがあっても、どんな活動なの?という方々に傾聴の簡単な知識や準備をお伝えする入門編です。この講習会を気に、一歩足を踏み入れていただけたら、と思います。


タイトル「傾聴ボランティア入門講習会2017」
日時  前編 3月6、8日(月、水) 午前9時〜
    後編 3月13日(月) 午前10時〜
場所  小山市まちなか交流センター「おやま〜る」
申込み センターまで、直接お電話かメールにて
    0285-20-5562
    center@oyamachi.jp

「子育て・託児ボランティア講習会」が4回シリーズとして始まっています。

「子育て・託児ボランティア講習会」が4回シリーズとして、1月23日(月)から始まっています。

小山市では、当センターが発祥の地の一つとなっています、託児ボランティアの入門講座(ほかにも公民館等でも開催されて来ました)ですが、今年度は、もう少し守備範囲を広げる形で「子育て」と「託児」の2つの話題で組立てています。

子育て支援ボランティア、託児ボランティアとしてかつ小津する為に必要な知識や技術を学びます。


タイトル「子育て・託児ボランティア講習会」
日時  1月23日(月) 14時00分〜
    1月30日(月)  9時30分〜
    2月 6日(月) 14時00分〜
    2月13日(月) 14時00分〜
場所  小山市まちなか交流センター「おやま〜る」


次回は2月6日(月)となっていて、こどもの救急救命、をテーマに開催します。
次々回は13日(月)で、城山さくら保育園の先生が、こどもとの遊び方、についてお話下さいます。
多彩な講師の先生の楽しいお話と体験、ぜひお越しください。

2017年1月19日木曜日

おやま〜る・夜の談話会)「コミュニティ・カフェより簡単!?『民間図書館』ってなに?」

あす20日に、船橋から「民間図書館」事業を広める岡直樹さんが来られることから、急きょ、まちなか交流ナイトの拡大版として、夜の談話会として表記の談話会をセンター主催にて行います。

参加費は、もちろん無料で、お茶とお菓子とをお出ししようと考えています。

ゆるくて、温かい雰囲気で進めますので、午後から通して、または午後はダメだけど夜ならば、という方がおられましたら、ぜひご参加ください。


日時  1月20日(金)
    18時〜19時30分
場所  小山市まちなか交流センター「おやま〜る」
    多目的会議室
内容  船橋から「民間図書館」事業を広める岡直樹さんが来られることから、急きょ、まちなか交流ナイトの拡大版として、夜の談話会として表記の談話会をセンター主催にて行います。
いろんな質問に、きっとなんでもお答えいただけると思います。
楽しいひと時にしますので、ぜひご参加下さい。

2017年1月17日火曜日

情報紙「ゆいま~る 2月号」発送準備手伝い

2か月に1回センターから発行されます情報誌「ゆいま~る 2月号」の発送準備をお手伝いしてくださるボランティアの方を募集します。もしお時間ありましたらよろしくお願いします。

具体的な内容としては
・製版
・封詰め
・数かぞえ など…

また、団体様からイベントのチラシ(12月中旬~1月の内容記事に限り)などございましたら、お持ちいただくと「ゆいま~る 12月号」に送付することも可能です。その際、一緒に封詰め作業をしていただくと、無料で送付いただけます。(封詰めしない場合は500円)
ぜひご自由にお持ちください。

日時: 1月31日(水) 10:30~(約1時間)

2017年1月16日月曜日

映画の市民上映会「まちなか交流シネマズ」第3期のキックオフ

第三期「まちなか交流シネマズ」の上映委員会がいよいよ始動しました。

12月20日に行われた説明会とその後のディスカッションで出てきた意見をもとに、これから具体的な上映作品や上映形態を決定していきます。

ただ映画を上映するだけでなく、地域性や上映作品に関連した楽しいイベントを企画したいと考えております。
市民ならではの目線で映画の選定や上映会の形態等を決めて行くことができれば、と思います。

たくさんの方々に委員会にご参加していただき、多くの意見を取り入れたものにしたいと考えています。
特別な知識は不要ですので、お気軽にご参加ください!

日時:1月24日(火)
   18:00開始
場所:小山市市民活動センター(研修室1)


事前の申込は不要です。当日お気軽にお越しください!
お問合せは、遠慮なくお電話(0285-20-5562)やメールでお願いします。(担当=稲葉、越沼、ホリ)

2017年1月13日金曜日

利用者協議会)15日(日)の夜に、今年度の第5回利用者協議会

15日(日)の夜7時より、今年度の第5回利用者協議会を開催します。

今回は、次年度の事業計画についてお知らせし、ご意見を伺いますほか、センターの使い方の改善に関する前回のご意見を受けての動きの経過を報告します。

ぜひご参加ください。


日時  1月15日(日)
    夜7時から
場所  小山市まちなか交流センター・研修室1
内容
1)次年度の事業計画について
2)センターの使い方の改善について
3)当館の貸出用パソコンのリース切れ後の貸出用パソコンの確保につきまして(思案中です)
4)ゆいま〜る2月号に同封する団体様からのチラシに関する審査
5)次回、第6回利用者協議会に合わせた、利用全団体交流会について
6)その他、なにかありましたら。


となっています。

講座)20日(金)に「寄付者が増えてくる、NPOの為の年次総会のつくり方」

NPO活動や事業をしていると、毎年1回以上ひらく事が予定される「年次総会」との付き合いは、無くすことは出来ません。会のみんながいろんな意見を出し合えば、楽しい半面、しゃんしゃんしゃん、とは進みません。
それでも、そうした話のやり取りを楽しんで、しっかり深めているNPOの方たちもおられます。

日ごろ、対話を力(ちから)に、というポリシーでまちづくりの活動や子ども達の支援、あるいは地域との連携をすすめていらっしゃる団体さんはたくさんあるのかな、と思います。当講座では、そうした市民活動の面白さをもう一歩進めて「関わりたくなる」「寄付をしたくなる」、そんなより良い会の運営に欠かせない「年次総会」のあり方とつくり方を話し合います。


日時  1月20日(金)
場所  小山市まちなか交流センター研修室1
内容

2017年1月12日木曜日

市民ボランティアの登録説明会を、毎月16日に開催します

従来からセンター内で「ボランティアをしたい」方に都度行なって来ましたボランティア登録の説明を「説明会」に仕立てて行ないます。

ボランティアを始めてみたかったけど、よくやり方がわからない、と言った方も、ぜひご参加ください。
すでに、ボランティアをしたことがある方も、お身近な方
をお誘いの上、ぜひ一緒にお越しください。

「市民ボランティア・登録説明会」
日時 毎月16日(今後も曜日を変えて裾野を広げます)
時間 午前10時~(終了11時を予定)
概要 小山市市民活動センターでのボランティア登録のための説明会
   賛同者様向けの、その場での登録会、ボランティア講座の紹介
内容

挨拶、ガイダンス
2分
当館のボランティア登録制度の紹介
登録後の流れの説明を含む
5分
当館で募集するボランティアの実際紹介
その時点の募集案件を中心に説明
8分
当館に登録する市民活動団体(第1分類)の紹介
種類の説明、冊子の使い方の説明
5分
参加者同士の談話タイム
自己紹介を含む
15分
登録
ガイダンス含む
5分
資料「ボランティアについての心得」の簡単な説明
5分

■今後の展開
参加者のみなさんは、基本的な「やりたい事」をエントリーシート内の9種またはその他、として選びます。
その希望情報を元に、当センターからのお誘い等をいたします。
やがて登録団体や外部の方々との交流会を行います。

2017年1月11日水曜日

「ゆいま~る」2月号に同封する一般チラシ類募集(1月15日(日)締切)

情報誌「ゆいま〜る」では、登録団体の皆さんからのチラシ類やニュース、活動紹介、催事告知の配布物を同封して送付する有償サービス(※)を実施しています。
登録団体であれば、第3登録の団体の皆さんも対象ですので、ぜひご利用ください。

ただし翌15日夜開催の当センターの利用者協議会において、当センターからの送付物に相応しいかどうか、を判定していただきます。
このため、15日までにチラシ現物各1部を窓口に、またはデータをセンターのメール宛てにお送り下さい。

15日夜の利用者協議会での判定を経て、16日以降、判定結果をお知らせいたしますので、その後、必要部数をご用意ください。

※=発送同封に必要な費用や条件は、つぎのとおりです。
イ)同封物1種類あたり500円です。
ロ)発送先は180先(平成28年10月現在)で、年に2回、当センター登録のボランティア志願者の方に宛てて送る際は220先となります。
ハ)サイズはA4判の封筒に入る大きさであれば自由です。大きな判形の物はあらかじめA4サイズ以内に折畳んでください。(厚みが1ミリを超える場合、お断わりすることがあります)
ニ)1月31日に実施予定の封詰め作業時に、お手伝いいただける場合、無料で同封いただけます。

情報誌「ゆいま~る」2月号の掲載記事募集(締切1月15日(日))

皆さんからの活動紹介や催事告知の記事を募集します。

1回の掲載の分量は200〜300字(30字詰めで8行前後)となります。現在、2月号(2月1日刊行予定)の記事を募集しています。

掲載希望の方は1月15日(日)までに記事をお寄せください。いただいた記事を参考に、紙面に採用させていただきます。
(催事案内の場合は2月中旬から3月にかけての告知となる様にご注意下さい)

紙面の面積の制約上、全てが掲載されるとは限りませんが、いただいた情報はメールマガジンや当センターのニュースブログ(ホームページ)等で必ず紹介いたします。
また、掲載の前には各団体のみなさんに必ず確認の連絡をいたします。

よろしくお願いします。