2018年7月31日火曜日

8月7日(火)午後1時から「おやま百景・再発見プロジェクト」の第3回定例会

5月から始まり、6月に第1回の準備会合を行いました「おやま百景の再発見プロジェクト」ですが、毎月第1火曜の開催となり3回目となる8月は、7日(火)午後の開催となりました。

今回は、9月に特別例会として考えている「(35)間々田八幡宮の奉納相撲」の当日の会場に向かう方法や事前の手配、先様の承諾などを手分けして取っていく準備と、資料類の作成を予定しています。
さらに、8月4日の鮎まつりも見学に行けないか、関係者の方々に訊ねています。

また、今後の活動の計画イメージの共有、それから役割分担(楽しんで分かち合えるように考えています)を話し合います。
楽しい活動をみんなの手で作る取り組みに、ぜひお越しください。


おやま百景「再発見」プロジェクト(仮称)・準備会合第2回
日時  8月7日(火)
    午後1時半〜(3時半過ぎ〜4時には終了予定)
場所  小山市まちなか交流センター「おやま〜る」

参加費 0円
参加資格 おやま百景に関心がある方なら、どなたでも

2018年7月26日木曜日

8月1日(水)夕方に「まつり企画会議・第2回」を開催します。

「まつり」の準備を進めています。
8月1日(水)夕方に「まつり企画会議・第2回」を開催します、そのご案内です。

前回、7月に行われた企画会議で、おおよその形と開催コンセプトが次のように決まりました。

■開催日程
今年も2日間ですが、その「コア部分」が2日にまたがり、初日10月20日(土)の午後と、2日目21日(日)の午前、です。

●20日(土)午前 フォーラム(1)
       午後 まつり本体(1)
       夜間 シネマズ特別版(映画「さとにきたらええやん」を予定)
●21日(日)午前 まつり本体(2)
       午後 フォーラム(2)
となります。

■開催テーマ
まだテーマは決まっていませんが、開催コンセプトとして「世界を元気にするために、まず小山が元気にならなければ」となりました。
なんと、壮大な!!!
って、昨年も、2030年の未来、というかなり壮大なテーマでしたですね。単に目立ちたいから、とブチあげるのではなくて、しっかりと意味のある、価値のあるものにしていけるよう職員一同、皆さんと頑張って行きたいと思います。

■面的な展開イメージ
おやま〜る隣接の駐車場でのステージ(←平場ですが)と飲食出店、物販出展は、今年も精一杯展開したい、と考えています。

まずは、8月1日の第2回目の企画会議へのご参加をお待ちしています。

2018年7月12日木曜日

夏休み!学生が楽しく体験できるボランティア

7月16日(月)の午後2時から「夏休み期間に行う、学生さんのボランティア」を紹介する「ボランティアズ・カフェ」を行います。


学生さんたち対象の「夏休みに取り組めるボランティア」の情報を、とにかく集めました。

現時点で、こんなボランティア募集情報が集まっています。

1)発表 7月28日・御殿ライブ イベント運営ボランティア、司会進行ボランティア
2)発表 芳姫の歴史を語る会   イベントボランティア(7月28日に実施)
3)代読 サマ-フェスティバル  清掃ボランティア(7月31日の早朝に実施)
4)発表 8月・家庭菜園PJ   モデル農園のお世話ボランティア
5)発表 8月・おやま百景PJ  百景探検ボランティア(7日午後に説明会)
6)代読 8月・思川鮎まつり   イベントボランティア(8月4日に実施)
7)代読 8月・アロハフェス   イベントボランティア(8月24日午前、26日夕方)

楽しく紹介していきますので、ぜひお越しください!

6月16日(祝・月)にボランティアのお話サロン「ぼらカフェ」やりますよ!

ボランティアに関心がある方が気軽に集まって話し合えるお話サロンを企画しています。「カフェ」のようにリラックスした雰囲気のなか、ボランティアしてきた人たちが、またこれからボランティアをしたい人たちが、コーヒーを飲みながら親睦を深めていただけたら、と思います。

ぜひ来てみてほしい方は・・・
・ボランティアに参加したい方・興味がある方
・おやま~るへボランティア登録頂いている方
・市民活動団体として登録頂いている団体のみなさま
・・・・などなど、その他、関心のある方ならどなたでも

日時 6月16日、午後3時~夕方5時(出入り自由です)
場所 「おやま~る」多目的会議室にて

ぜひ今からお誘い合わせのうえ、ご参加のほどよろしくお願いいたします。

小山市役所が、7.12西日本水害の被災地義援金の呼びかけ

西日本を中心とした豪雨の被災地を支援するため小山市は、11日から義援金の募集をはじめ協力を呼びかけています。
小山市は11日から市役所や各出張所14か所で義援金の受け付けを始め、13か所に募金箱が設けられました。

詳細は、小山市役所出納室0285-22-9452)まで、お尋ねください。


このうち市役所の窓口では、訪れた市民がさっそく義援金を寄せていました。
義援金を送った29歳の女性は、「ニュースなどで被災した状況を見ると、心が痛くなったので、役に立ててほしいと思い送りました」と話していました。
小山市出納室の荒川和則係長は「3年前の関東・東北豪雨で小山市も被害に遭い、全国から温かい支援を受けたので、義援金が少しでも力になればと思います。被災したかたがたの復興のため確実に送っていきたい」と話していました。(NHK_NEWSwebより)

2018年6月30日土曜日

7月3日(火)の午後1時から「おやま百景・再発見プロジェクト(仮称)」の第2回準備会合

5月から始まり、6月に第1回の準備会合を行いました「おやま百景の再発見プロジェクト」ですが、毎月第1火曜の開催、となり、7月は3日(火)の午後の開催となりました。

今回は、明日1日に特別例会として「(8)思川の流し雛」の当日の会場にて啓発活動を行いますが、その報告や、今後の活動の計画イメージの共有、それから役割分担(楽しんで分かち合えるように考えています)を話し合います。

ぜひお越しください。


おやま百景「再発見」プロジェクト(仮称)・準備会合第2回
日時  7月3日(火)
    午後1時〜(3時半過ぎ終了予定)
場所  小山市まちなか交流センター「おやま〜る」

参加費 0円
参加資格 おやま百景に関心がある方なら、どなたでも

6月30日の夕方5時から「市民農園ネットワーク」

昨年の8月26日から開催されてきた、家庭菜園や市民農園の実践者さんたちのネットワークづくりを目指す「市民農園ネットワーク」、新たな仲間の方も少しづつ集まり、楽しく続いています。

6月は、6月30日(土)の夕方5時から開催です。

共同での無農薬栽培の実験場(モデル農園)として、大行寺の「あおぞら農園」での活動計画や、その後のプロジェクトの進め方、啓発行事の作り方などを考え、話し合います。

日時  6月30日(土)
    夕方5時〜(7時頃終了予定)
場所  小山市まちなか交流センター「おやま〜る」

参加費 0円
参加資格 関心のある方ならどなたでも

2018年6月25日月曜日

7月11日(水)に「知ろう!使おう!! ファシリテーション講座」

7月と9月に、「知ろう!使おう!! ファシリテーション講座」を行います。

◆日時:第一回 7月11日(水)19:00~20:30
    第二回 9月12日(水)19:00~20:30
◆会場:小山市市活動センターおやまーる
◆参加費:各回1,000円(単発参加可 各回とも事前申込不要)
◆小山市市民活動センター・御殿町商店会共催企画(お問合わせ:市民活動センター)

ファシリテーターは会議で言えば進行役ですが単なる司会者ではなく、集団による問題解決、アイディア創造などを支援するスキルを持っています。今回はそのスキルの“初歩の初歩”を楽しいワークショップを交えた講義で体得しましょう!! 第一回は概論とワークショップ、第二回はアイスブレイクの技術にフォーカスし、学びます。
森良さんのプロフィール
1949年東京生まれ。子どもたちの自然教室のボランティア活動を10年、環境教育・環境まちづくり・市 民参加を促進するNPO活動を20年実践してきた。NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表、認定NP O法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)理事などを務める。学習院大学、大東文化 大学非常勤講師。主な著書:『コミュニティ・エンパワーメント(ECOM)』『もりもりファシリテーション(まつやま書房)』

2018年5月25日金曜日

栃木県から「輝く「とちぎ」づくり表彰、候補取組」の推薦について


県では、昨年度から「輝く「とちぎ」づくり表彰実施要綱」に基づき、栃木県内に事務所があるNPO・ボランティア団体と企業、大学、公益法人、社会福祉法人、コミュ二ティ団体等が地域の課題を解決するため、それぞれの特性を生かしながら協働して取り組む社会貢献活動のうち、優れた取組について表彰しています。

つきましては、関係する団体等において、平成30年度表彰の対象となる取組がありましたら、ご推薦くださいますようお願いします。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/h29kagayakutotigidukurihyousyou2.html

上記の案内文に関しては、
受付(左)職員ホワイトボードにございます。
何卒宜しくお願い致します。              

2018年5月19日土曜日

印刷室のご利用について

昨日の夜から、インクがなくなっており、
5月19日(土)、5月20日(日)、
印刷機のご利用ができなくなっております。
先週、インクを2度発注致しましたが、
沢山のご利用があり、
今回、この様な次第でございます。
ご不便をおかけいたしますが、
21日(月)、インク納品となっております。
今後とも何卒宜しくお願い致します。
                小山市市民活動センター 齋藤

2018年5月2日水曜日

第3回 映画でぼくらのまちを観るの会

「映画でぼくらのまちを観るの会」の第3回目の開催が決定いたしました!


「ぼくらのまちを観るの会」では映画の観賞を通じて、毎回違ったテーマで「ぼくらのまち」を考えます。映画を上映するだけでなく、交流会やトークセッションなど、さまざまなかたちで楽しい時間が過ごせる上映会を目指します。

3回目の今回は「ツルツル?ごわごわ?未来のぼくらは何を着る?」というテーマで、「ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償」を上映します。
上映後はクロストークの時間を設け、映画の内容を受けて私たちがこれから着る服について意見をシェアしたいと思っております。

上映作品『ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償』


日時:2018年5月27日(日)

会場:小山市まちなか交流センター

料金:1000円

時間:映画 14:00

   クロストーク 15:30



問合せ:小山市市民活動センター0285-20-5562

どうぞお気軽にご参加ください!

2018年5月1日火曜日

「おやま〜る」利用者協議会、5月20日(日)午後に開催。

おやま~るでは、奇数月の中旬に当館の運営の在り方に、利用者の皆さんの声を反映すべく、「利用者協議会」を開催しています。
市民活動団体などの登録団体の皆さんのほか、多目的会議室をご利用の個人の方、ボランティア情報をご覧になるなどウェブでの情報を受けたことのある方など、市民個人の方もご参加いただけます。

毎回、協議会のありかたや皆さんの使いやすい運営方法などについて話し合っています。現在、新しい委員も募集しています。12名が揃った折に規約を発効します。

日時  平成30年5月20日(日)
    午後2時から(4時終了予定)
場所  おやま〜る「研修室1」
https://goo.gl/maps/w6f27gchmuT2

 平成29年度の利用者協議会で、当年度は各回の利用者協議会で、それぞれ学習会や講座をセットにした運営を行うことと決めました。これまでに7月はファシリテーション技能に関する学習、9月は、アイスブレイク技術に関する学習を予定しています。その具体の進行や、その後の展開、内容を話し合います。

 また引き続き、法定の18の特定非営利活動を6つに割った各分野から、それぞれ2名の委員の立候補を募ります。12名の委員が揃った時点で当利用者協議会の規約案について話し合い、定めます。
ふるってのご参加お待ちしております。

2018年4月29日日曜日

ブランドまつり「ボランティア交流まつり」楽しかったです。

昨日は天候も良く、
道の駅思川の、風景とても良かったです。
イベント出展者の、
模様もUPさせていただきます。
1枚目の写真ですが、
おーバスの前に、
おやまの、ゆるキャラ達です。
2枚目の写真が、
「ボランティア交流まつり」出展団体様の
出展風景になります。
それでは、
また書き込み致しますね。



2018年3月31日土曜日

3月31日(土)の夕方5時から「市民農園と家庭菜園のネットワークづくり会議」

昨年8月から続けてきた、市内外の様々な市民農園と家庭菜園の担い手さんを結ぶ、ネットワークづくりそのものを目的とした会合を、これまで毎月、続けてきました。学習会を兼ねた動きとして、いままで様々な気づきや学びを得てきましたが、平成30年度も継続予定です。

やがての事業化を見据えて、生産品や加工品の在り方や、市民活動支援施設として当館がどのように関わっていけるのか、小山市が目指すいきいき好齢者づくりにも、若者ボランティア支援にもつながる形で継続していきたいと考えています。

参加自由ですので、ぜひお越しください。


3月31日(土)に「にぎわいの図書まちづくりフォーラム」

おやま〜るでは、本や図書コーナーを手掛かりにしたコミュニティづくりに関する学習会、にぎわいの図書まちづくりフォーラムを開始します。今回は、その「プレ」の位置付けとして、図書を手掛かりにしたまちづくりや本と人との出会いを、魅力的な図書の出張販売を通じて各地でお手伝いしてきた「子どもと福祉の本の専門店・トロル」の店主、関本練さんをお迎えしての基調講演を皮切りに、開催します。
日時  3月31日(土)
    11時から15時(予定)
場所  小山市まちなか交流センター「おやま〜る」集合
    (中盤で「まち歩き」を行い、また戻ってきます)
内容  基調講演「楽しい本との出会い、本を通じたまちづくりとの出会い(仮)」
     関本練(子どもと福祉の本の専門店「トロル」店主)
    まち歩き
    ふり返り
参加費 無料

「本」という存在は、人が開くことで初めて読まれる、という点で「いつも人が関わることを待っている」わけで、その点で本質的に「ウエルカム」な存在です。
この「にぎわいの図書まちづくりフォーラム」では、そんな人を待ち人との関わりを喜ぶ「本」をシンボルに、ウエルカムなまちづくりについて話し合い、行動していきたい、と考えています。今回、3月31日に行うフォーラムは、たとえ参加者が少なくても、まずは市民の皆さんに、こうした動きの端緒をつかむことができれば、と感じています。

この元になる取り組みが幾つかありまして、簡単に紹介します。
▼まちじゅう子ども図書館(三重・四日市市)    https://goo.gl/5oyTWT
▼船橋まるごと図書館プロジェクト(千葉・船橋市) https://goo.gl/gyCczw
▼まち図書カフェ(広島・広島市中区)       http://toshocafe.com/

こうした活動や動きに関わる関係各位を、次年度以降に機会を得てお招きし、こうした学習会活動を続けていきます。

2018年3月10日土曜日

助成金WS)NHK厚生文化事業団「わかば基金」の申請書づくり

NHK厚生文化事業団「わかば基金」の募集要項が届きましたので、当助成金の申請書づくりワークショップを、3月13日(火)の夜7時から行います。

3月30日(金)が締め切りの申請ですが、こちらで申請書も用意して、皆さんのお越しをお待ちします。

講師役は、センター長のホリが行います。
また、申請をしようとする団体の皆さんの未来像とのマッチングを踏まえた申請書づくりとして、ワークシートなどで皆さんの活動の今を確認しながら、作業を進めます。

3月10日(土)は年に2回の避難訓練の日でした。

今日、3月10日(土)は年に2回の避難訓練の日でした。

当館入居の城山・サクラ・コモン21階の居室から出火した、との想定で、お部屋ご利用の「小山九条の会」と「日本語ボランティアとびらの会」の方々も参加していただき、隣接の保育園や1階の(株)マルコさん、マンションの住人の皆さん達と一緒に避難し、ちょっと離れた千手観音公園まで行きました。

次は9月に行う予定です。楽しんで参加いただけるような工夫を盛り込んでいきますので、ぜひどなた様もご参加ください。

2018年2月28日水曜日

意見交換大会)15日(木)の夕方5時より、平成29年度の意見交換大会を行ないます。

昨年度は16団体を代表して10人の方が、それぞれの立場から意見をいただきました。

とくに各活動団体の高齢化にどのように対応するか、という喫緊の課題のほか、小山における市民活動支援について、今後2〜3年というスパンの中で「利用者」と「指定管理者」と「行政」とが一緒になって、何ができ、そのような場に何を期待するか、などを話し合いました。

今回は、次年度の利用者協議会のあり方について、や、市内各地でのボランティアバンクの動きづくり、公民館との連携、活用をどのように行っているか、について話し合います。もちろん、これまで同様に新しいセンターの姿や、センターに期待することについても話題にしていきます。

2018年1月26日金曜日

「折り機」の修理が終わりました。

長らくご不便をおかけしていました、「折り機」の修理が終わりました。
現在、安定して使えることを確認しています。

当館の印刷室を、引き続きご利用ください。

2018年1月12日金曜日

メンバーの方で、家庭菜園をしている方はいませんか?

皆さんの団体のメンバーの方で、家庭菜園をしている方はいませんか?

当センターでは、毎月26日の夕方5時から、小山市とその近郊で家庭菜園をしている方々のネットワークづくりを目指し、ミーティングをしています。
今のところ、まだまだメンバーを集めている段階ですが、誰がどこで何をしているのか、を探る訳にも行かずメンバーは少しづつしか増えていません。

これまでに、(あくまで作る事そのものが目的ながら)穫れた野菜など作物が余ったら「こども食堂」に寄付出来る?、もし提供するならその仕組みはどうあるべき?、などの話題が出たり、みんなで一緒に直売所を(お試しで)やってみる?、といった意見が出ました他、メンバーの一人の方の持つ農園を、モデル農園としてみんなで知恵を出し合ってみようか、や(おやまブランドに絡んで)小山産の麦や蕎麦を使ってみる活動などについて話したりしてきました。

そんななか、今回、1月26日(金)は、有機栽培だけでなく、無施肥でヤって収量が(ほとんど)落ちない、という話のDVDを観て、その後に話し合いをします。

もしも団体で、または団体のメンバーの方々で家庭菜園をやっておられる方がいらしたら、ぜひご参加ください。
また、本業の農家の方がおられましたら、そうした方も、もちろん大大大歓迎です。
どうぞ、よろしくお願いします。