2018年2月28日水曜日

意見交換大会)15日(木)の夕方5時より、平成29年度の意見交換大会を行ないます。

昨年度は16団体を代表して10人の方が、それぞれの立場から意見をいただきました。

とくに各活動団体の高齢化にどのように対応するか、という喫緊の課題のほか、小山における市民活動支援について、今後2〜3年というスパンの中で「利用者」と「指定管理者」と「行政」とが一緒になって、何ができ、そのような場に何を期待するか、などを話し合いました。

今回は、次年度の利用者協議会のあり方について、や、市内各地でのボランティアバンクの動きづくり、公民館との連携、活用をどのように行っているか、について話し合います。もちろん、これまで同様に新しいセンターの姿や、センターに期待することについても話題にしていきます。